貝殻爆弾などで... カストロ前議長暗殺計画

10/30 12:32
アメリカのCIA(中央情報局)が、かつて敵対していたキューバのカストロ前議長に対して、貝殻爆弾など、奇想天外な方法で暗殺する計画を立てていたことが、公開された内部文書で明らかになった。
この機密文書は、1975年に作成されたもので、ケネディ大統領の暗殺に関わる文書に合わせて、10月26日に公開されたもの。
それによると、カストロ前議長の暗殺をもくろんだCIAは、カストロ氏がダイビング好きだったことに目をつけ、拾い上げると爆発する貝殻をよく行く場所に設置したり、細菌を仕込んだダイビングスーツを渡す計画を立てていたとしている。
スパイ映画のような暗殺計画の詳細が、初めて明らかになったものだが、いずれも未遂に終わり、カストロ前議長は2016年、90歳で死去した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース