立民がようやく党本部お披露目

10/30 12:40
立憲民主党は、11月1日からの特別国会開会を前に、総選挙前のあわただしい結党でやっと決まった党本部を、10月30日朝にお披露目した。
総選挙で躍進し、熱気も漂う党本部で船出した立憲民主党だが、晴れやかなスタートを喜ぶゆとりはなさそう。
立憲民主党の枝野代表は、「なんとか特別国会の開会前に党本部を立ち上げることができ、大変いい場所を拠点とすることができた」と述べた。
党本部は、国会からほど近くで、民進党から移った職員などが事務にあたる。
枝野代表は、与党が、国会で野党の質問時間の削減を検討していることに、「論外だ」と厳しく批判したが、対峙(たいじ)する野党側は、「1つにまとまるのは簡単ではない」のが実情で、野党間の協力は不透明。
また、今後の地方組織の設立なども課題となっている。
一方、民進党は、前原代表が30日午後、正式に辞任する見通しで、新代表は、31日にも選出される方向。
新代表には、民進党籍を残したまま、無所属で当選した岡田元代表を推す声が強まる一方、参議院議員をまとめる観点から、羽田元国土交通相の名前も挙がっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース