平尾昌晃さんしのび「歌唱葬」

10/30 12:05
「カナダからの手紙」や「瀬戸の花嫁」など、昭和のヒット曲を数々手がけ、2017年7月に亡くなった歌手で作曲家の平尾昌晃さんの葬儀・告別式が、10月30日午前11時から行われている。
午前11時から行われている平尾さんの葬儀・告別式は、俳優で歌手の水谷 豊さんや、タレントのコロッケさん、堺 正章さんら、各界の著名人が参列している。
この葬儀・告別式は、平尾さんと生前、親交のあった有志が発起人となって、お別れの機会を設けたもので、ステージをかたどった祭壇には、平尾さんが愛用していたギターなどが飾られた。
氷川 きよしさんは、「歌の世界に憧れを持って、その時に平尾先生が、『頑張ってね』って、中学2年の僕に激励してくださって。その言葉が、もう本当に残ってて」と語った。
式では、平尾さんが作曲した代表曲の中から、布施 明さんと五木 ひろしさんが「霧の摩周湖」を、小柳 ルミ子さんらが「瀬戸の花嫁」を歌い、歌唱葬の形式で故人をしのんだ。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース