民進・両院総会 前原氏が辞任

10/30 19:25
民進党の前原代表は、30日夕方、両院議員総会で代表の辞任を表明し、了承された。
民進党の前原代表は「この総会をもちまして、代表の職を辞したいと思う。短い期間でしたが、お世話になりました。ありがとうございました」と述べた。
前原代表は、総会の冒頭に辞任を表明し、了承された。
前原代表はこれまで、「一定の方向性を定めたうえで辞任する」としてきたが、総会に先立つ全国幹事会で、民進党を地方組織を含めて存続する方針が決まったことで、辞任した。
また、その後、しかるべき時期に希望の党に入る考えを表明した。
民進党の新しい代表は、31日、再び両院議員総会を開き、国会議員の投票で選ばれることとなった。
新代表には、民進党籍を残したまま無所属で当選した、岡田元代表の再登板の声があるものの、本人の意向が焦点で、ほかに、参議院の羽田幹事長代理らの名前も挙がっている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース