神戸製鋼 中間配当を見送り

10/30 21:31
中間配当を見送ることとなった。
神戸製鋼所・梅原尚人副社長は「誠に遺憾ながら、中間配当を見送ることを決議した」と述べた。
神戸製鋼所は、都内で2018年3月期の第2四半期決算を発表し、当初1株10円を予定していた中間配当を見送ることを明らかにした。
データ改ざん問題を受けて、顧客の規格に合わない不適合品の処分などで、およそ100億円の損失を見込んでいるほか、現時点では、補償費用などの影響が見通せないという。
また、主要取引銀行と資金の問題について、話し合ったことは認めたが、具体的な金額については、明らかにしなかった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース