イオンがネットで「独身の日」に大型セール

10/31 01:14
中国のネットでの「爆買い」にあやかろうと、日本の流通大手が新戦略。
30日、イオンが発表した年末セール戦略の数々の中で、新たに紹介されたのが、中国の「独身の日」にちなんだネットセールだった。
イオンリテール経営企画本部・栢野博子広報部長は「中国で話題の『独身の日』セールは、1が4つ並ぶ11月11日をスタートにして、ネット上で大きな盛り上がりとなっていることは、ご承知のことと思います」と話した。
1が4つ並ぶ姿から、11月11日は、中国では「独身の日」と呼ばれ、アリババグループなどの通販サイトでは、主に若者を対象に、大規模なバーゲンセールが行われる。
お金を持つ独身者がターゲットの、このセール。
アリババの2016年の売り上げは、1日でなんと、1兆8,000億円以上を記録した。
そして、この中国のセールで、日本のユニクロも2015年、一時、アパレル部門で売り上げ1位を記録。
ネット販売での新たな市場を、お隣・中国の独身の日をきっかけに作り出したいとする、イオンの戦略。
11万1,111円の化粧品セットなど、1にちなんだ大規模なネットセールスを開催する。
ターゲットは独身だけに限らず、ラインアップには、1万円台のスーツから、10万円台の化粧品など、およそ13万点以上の商品が並ぶ。
バレンタインやクリスマスなど、欧米系の行事を定着させた、記念日商戦文化。
中国発祥の独身の日セールは、日本での新たな購買層や市場の掘り起こしとなるか。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース