ロシア介入疑惑で初の起訴

10/31 04:55
アメリカ大統領選をめぐるロシアの介入疑惑で、トランプ陣営の元選対本部長らが起訴された。
いわゆる「ロシア疑惑」を捜査している、ムラー特別検察官は30日、トランプ陣営のポール・マナフォート元選対本部長と、同僚のリチャード・ゲーツ被告を、アメリカに対する謀略や、マネーロンダリング(資金洗浄)など、12の罪で起訴したと発表した。
マナフォート被告は、司法当局の求めに応じて、FBI(連邦捜査局)に出頭した。
一連の疑惑での起訴は、これが初めてとなる。
マナフォート被告は、ロシア側との不透明な関係をめぐり、2016年、選対本部長を事実上解任され、2017年7月には、FBIが自宅を家宅捜索していた。
トランプ大統領は、ツイッターで「トランプ陣営に参加する、何年も前の話だ。共謀もない!」と、あらためて強調したが、マナフォート被告らの起訴は、政権にとって、大きな打撃となるとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース