民進党代表選 新代表は参院議員が就任すべき

10/31 13:03
民進党の前原代表の辞任にともなう後任の代表選挙をめぐり、岡田元代表ら、党籍を残す衆議院議員らは30日夜、東京都内で集まり、新代表には、党内の多数を占める参議院議員が就任するべきだとの考えで一致した。
会合には、民進党に籍が残る衆議院議員による会派「無所属の会」に所属する議員11人が出席し、31日の民進党の両院議員総会で選出される、新たな代表について協議した。
民進党の岡田元代表は、「(出馬しない?)僕は、そういう気持ちはありません」、「参院から出すべき」などと話した。
会合のあと、岡田元代表は記者団に対し、自身が出馬しない意向であることを表明した。
また、ほかの衆議院議員にも出馬する意思はないとして、新しい代表は、参議院から選出するべきだとの認識で一致し、その共通認識に立って、衆議院議員が一致した行動をとる方向であることを明らかにした。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース