ユネスコ記憶遺産登録に喜びの声

10/31 14:13
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、歴史的に貴重な資料を認定する「世界の記憶」に、群馬県にある石碑「上野三碑(こうずけさんぴ)」などの登録を決定した。地元・高崎市では、喜びの声が上がっている。
「上野三碑」の1つ、多胡碑(たごひ)のある多胡碑記念館では、登録決定を受け、31日朝早くから、ユネスコ「世界の記憶」と書かれたのぼりが用意された。
上野三碑ボランティア会・森 賢六会長は、「ここへ来てくれた人が やはり素晴らしいなあと感じてもらえるように、一生懸命、環境整備や解説に努力していきたい」と語った。
高崎市民は、「地元としては、うれしいですよ、やっぱり」と話した。
「世界の記憶」には、「上野三碑」のほかに、江戸時代、朝鮮半島から日本に派遣された外交使節団に関する資料「朝鮮通信使に関する記録」の登録が決定している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース