民進 新代表に大塚耕平参院議員

10/31 15:53
民進党は31日午後、前原氏に代わる新しい代表に、参議院議員の大塚耕平元厚生労働副大臣を無投票で選出した。
前原氏の辞任にともない行われた代表選挙には、推薦人24人を集めた大塚氏のみが立候補し、午後3時から行われた両院議員総会で、新たな代表に選出された。
大塚氏は、就任後のあいさつで、「次期総選挙において、立憲民主党、希望の党、そして民進党を中心に政権交代を実現しないといけない」と述べ、民進党から分裂した党との協力に意欲を示したうえで、「民進党中心の勢力が認められるよう、党の再生と運営にあたりたい」と抱負を述べた。
大塚氏は、当選3回の参議院議員で、厚生労働副大臣などを歴任している。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース