元幹部起訴「日米関係に影響ない」

10/31 19:52
菅官房長官は、アメリカ大統領選をめぐるロシアの介入疑惑に関連し、トランプ陣営の元選対本部長らが起訴されたことについて、「日米関係への影響はない」と述べた。
菅官房長官は「他国の内政等に関わる事柄であります。政府として、コメントすることは控えたいと思う」と述べた。
菅官房長官は、31日午前の会見で、アメリカ大統領選をめぐる、いわゆるロシアゲート疑惑で、トランプ陣営の元幹部など、2人が起訴されたことについて、政府としてのコメントを控えた。
そのうえで、11月5日から7日の日程で、トランプ大統領が初めて日本を訪問することをふまえた日米関係への影響を問われると、「影響はない」と強調した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース