自民党役員全員を続投 首相表明

10/31 20:50
特別国会の召集を11月1日に控え、安倍首相は10月31日、自民党の役員会で、二階幹事長ら党役員全員を、続投させる意向を表明した。また、野党も、国会開会に向けた動きを進めている。
自民党の二階幹事長は、「先ほど安倍総裁から、党役員については、引き続き、お願いしたいとのご発言がありましたので、引き続き、安倍総裁のもと、党役員一丸となって進めていきたい」と述べた。
安倍首相は、党の役員とともに、全閣僚を再任することも決めており、1日の特別国会で、第98代の首相に指名された後、第4次安倍内閣を発足させる。
一方、野党第1党の立憲民主党の枝野代表は、31日の両院議員総会で、1日、党として初めて臨む国会に向け、決意を新たにした。
立憲民主党の枝野代表は「(衆院選では)上からの政治ではなく、国民とともに歩む新しい政治の一歩を踏み出すということについて、大きなご期待をいただいているのは共有したかと思う。いよいよ、そこに向けた国会での活動の第一歩」、「新たな気持ちで、あすを迎えたいと思っている」と述べた。
また、日本維新の会も、両院議員総会を開き、片山共同代表は、「われわれの存在が埋没するのではなく、存在感を発揮するために頑張っていきたい」と述べた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース