2018新春 福袋商戦

11/01 13:15
2017年も残すところ、2カ月。年明けの福袋商戦への準備が本格化している。
ことしの松屋銀座の福袋は、44万円相当の高級イベリコ豚の生ハム丸ごと1本を半額以下で買える。
高級生ハム1本を詰め込んだ福袋は、「SNS映え」を意識した商品。
また、2017年にブレークしたお笑い芸人、ブルゾンちえみさんの名ぜりふ「35億」にちなみ、35足の婦人靴が入った福袋など、およそ400種類が準備される。
一方、西武渋谷店では、人力車に乗って渋谷を回れるという体験型が登場したほか、働く女性を応援して、短い時間で食事が用意できるセットや、オフィス用のジャケットなどが用意されている。
2018年の初売りに、知恵を絞る各社の競争は、本格化することになる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース