立憲・枝野代表「民進党との連携は難しい」

11/01 23:23
巨大与党に対峙すべき野党側に「足並みの乱れ」。
立憲民主党の枝野代表は、1日、福山幹事長が民進党の会派からの離脱を余儀なくされたことを理由に、「民進党との連携は難しい」との認識を示した。
枝野代表は「(民進党は)別の党ですから。わが党の幹事長が会派にいたのを、出て行ってと言われたので、なかなか連携は難しい」と述べた。
立憲民主党の枝野代表は、党内でただ1人の参議院議員である福山幹事長が、参議院の民進党会派からの離脱を求められたことを受け、民進党との「連携は難しい」と述べた。
民進党の大塚代表は「われわれは、『三党物語』で『三割政権』をしっかり倒す」と述べた。
民進党の大塚代表は1日、このように、立憲民主党・希望の党との3党の連携をアピールしていたが、枝野氏の発言を受け、信頼関係を構築する必要性を強調した。
大塚代表は「まずは公党間の信頼関係を築くことに取り組んでいきたい」、「きょうの発言は、私は直接聞いていないし、趣旨も承っていないので、そのことを、あらためてうかがいたい」と述べた。
また、大塚代表は、民進党の執行部人事について、党籍を持ちながら無所属で当選した衆院議員を登用する可能性を示唆し、「無所属の会」の岡田代表も前向きな姿勢を示した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース