羽田「都心ルート」住民説明会

11/02 01:10
羽田空港の国際線の増便を検討している国土交通省は、新たな飛行ルートで影響を受ける地域を対象に、住民説明会を始めた。
2020年に向け、羽田空港国際線の発着回数を、現在の1.7倍に増やすため、東京都心を低い高度で通過する、新しいルートが導入される。
住民の疑問や不安に答えるために開かれた説明会では、実際に住宅の上空を飛ぶ航空機の高さと騒音が体感できる装置も設置された。
説明会に訪れた住民は、「不安...不安が大きい。音だけでなく、見た目にも威圧感あるなと思う」、「実際に聞くのが早いなって感じですね。体感するのが一番だなって感じです」などと話した。
国土交通省は、2018年2月にかけて、都内13カ所と埼玉県などで説明会を開くことにしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース