ダルビッシュ「運命の一戦」は...

11/02 13:02
アメリカ大リーグのワールドシリーズ第7戦に、ドジャースのダルビッシュ 有投手が先発。世界一をかけ、運命の一戦に臨んだ。
ファンは、「ダルビッシュ投手の抑えるところが見たいが、マエケンさんの出番もあれば、うれしい」と話した。
ロサンゼルス・ドジャース - ヒューストン・アストロズ。
運命のマウンドを託されたダルビッシュ投手。
しかし1回、先頭バッターのスプリンガー選手につかまった。
レフト線へ2ベースヒットを許し、いきなりピンチを招いた。
そして、続く2番、ブレグマン選手。
打ち取ったかに思われたが、ファーストが悪送球。
わずか4球で、先制点を奪われた。
ダルビッシュ投手は1回、さらに1点を失うと、2回にもスプリンガー選手に2ランホームランを許すなど、2回途中で5失点。
期待に応えられず、がっくりと肩を落とし、マウンドを降りた。
試合は日本時間午前11時30分すぎ現在も続いており、アストロズが5 - 0でリードしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース