自民若手が質問時間増を申し入れ

11/02 21:25
国会の与野党の質問時間の配分をめぐり、自民党の若手議員が2日、二階幹事長らに対して、与党の質問時間を増やすように申し入れた。
自民党の大岡敏孝衆院議員は、「やはり、国会という公の場所で、われわれが国民から受けた期待、発言をしたり議論したりする場を、確保していただきたいというお願いだ」と述べた。
二階幹事長は、「実現できるようにしないといけない。ただ言って回ってるだけでもね」と述べた。
自民党の若手議員らは2日、「国民は、与党・野党問わず、バランスの良い国会審議を求めている」などとしたうえで、「各党が均衡した形への見直し」などを盛り込んだ、国会改革に関する申し入れを党幹部に行った。
国会審議をめぐっては、野党側に配慮した形で、与党の質問時間を2割にとどめていたが、先の総選挙結果を受け、自民党が与党側の配分を拡大するように主張し、野党との調整が難航している。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース