福山氏を排除したとは思わない

11/03 09:40
立憲民主党の福山幹事長が参議院・民進党の会派からの離脱を求められたことを受けて、枝野代表が、民進党との連携に否定的な姿勢を示したことについて、民進党の小川敏夫参院会長は、「無理やり排除したとは思っていない」と述べた。
民進党の小川参院会長は、「やはり首班指名が違うということの筋論からいくと、出て行っていただけないかということで、ご納得いただいたと思っている。嫌なものを無理やり排除したというふうには思っていない」と述べた。
小川会長は会見で、衆議院では、民進党に籍を置く無所属議員が、立憲民主党と別の会派に所属していることから、「1つの筋」として、福山氏に会派離脱を求めたと説明したうえで、「国会対応で歩調を合わせ、友好的な連携関係を構築したい」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース