韓国軍、地対空ミサイル訓練公開

11/03 12:22
北朝鮮情勢の緊張が続く中、韓国軍は独自に開発した地対空誘導ミサイルの実射訓練の様子を初めて公開した。
発射の様子が初公開されたのは、地対空誘導ミサイル「天弓(チョングン)」。
天弓は、韓国軍が戦闘機迎撃用として独自に開発したミサイルで、垂直発射のあとに2次点火し、360度全ての方向の標的をとらえることができるのが最大の特徴。
訓練では、マッハ4.5(時速5,500km)の速さで、およそ40km離れた無人機に正確に命中したとされている。
また、韓国軍は、新型の上陸艦の進水式も行い、ミサイル発射の兆候があるとされる北朝鮮へのけん制を強めている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース