「女性活躍」会議で講演 イバンカ補佐官

11/03 20:58
アメリカのトランプ大統領の来日に先立ち、2日、日本に到着した、長女のイバンカ大統領補佐官は3日朝、女性の活躍を話し合う国際会議で講演を行った。
ピンク色のスーツ姿で、会場に現れたイバンカさんは、講演の冒頭、初めて日本を訪れた印象について、「今回、わたしは初めて、日本を訪問しました。皆様の温かさ、風景の美しさ、生き生きとした文化は、この国を訪れる全ての人にとって、信じられない贈り物です」と述べた。
さらにイバンカさんは、安倍政権が進める「働き方改革」を評価したうえで、「女性が男性と同じ機会が与えられ、個性が生かされるような教育や支援が受けられればいい」と強調したほか、自身の長女を取り上げ、女性の活躍を推し進める考えを表明した。
イバンカ大統領補佐官は「わたしの娘のアラベラが大人になったころ、専業主婦かそうでないかが区別されない時代であってほしい」と述べた。
これに対し、同席した安倍首相は、イバンカさんが関わって立ち上げた基金「女性起業家資金イニシアティブ」に対する5,000万ドル(日本円で、およそ57億円)の支援を表明した。
安倍首相は「世界の至るところで、女性たちが輝く社会、女性たちが次の時代を切り開く力となる世界を必ず実現できる、私は確信しています」と述べた。
イバンカさんはこのあと、河野外相との昼食会を行ったほか、午後には野田総務相とも面会し、夜は都内の創作フレンチの店で、安倍首相らと夕食を共にしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース