「対北圧力で完全一致」「トランプ外交」に手応え

11/06 20:16
北朝鮮と貿易。2つの軸だが、日本側にとって満足のいく日米首脳会談となったのか。
安倍首相としては、ゴルフ外交や首脳会談の場など、この2日間で、トランプ大統領と北朝鮮情勢について意見を交わした成果に、手ごたえを感じている様子。
共同記者会見で、安倍首相は、「北朝鮮への圧力を最大限高めることで完全に一致した」と述べる一方、偶発的な軍事衝突が懸念されることについては、「誰も紛争など望んではいない。トランプ氏もそうだ」と、衝突回避のため、両首脳が一致している姿勢を強調した。
一方、「トランプ氏が何を言い出すか読めない」と、政府側が警戒していた通商問題だが、トランプ氏は、午前中の財界人との会合では、「長年、日本との巨額の貿易赤字に悩まされてきた」と、強い不満を表明していたが、安倍首相との会談では、貿易不均衡の是正は求めたものの、日米の2国間交渉を直接持ち出すことはなかった。
安倍首相は、このあと、迎賓館でトランプ夫妻らとの晩さん会に臨む。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース