篠沢秀夫教授(84)通夜しめやかに

11/06 20:23
人気番組「クイズダービー」で、篠沢秀夫教授として親しまれ、10月26日に亡くなった篠沢秀夫さんの通夜が営まれた。
10月、84歳でこの世を去った「篠沢教授」こと、学習院大学の篠沢秀夫名誉教授。
6日午後6時から、通夜が営まれた。
祭壇には、笑顔の篠沢教授の写真。
そして、入り口に設けられたメモリアルコーナーには、人気番組「クイズダービー」の司会・大橋巨泉さんら共演者との記念写真や、妻・礼子さんとの思い出の品が飾られた。
2009年、筋肉が徐々に衰えていく難病「ALS(筋萎縮性側索硬化症)」と診断された篠沢教授。
人工呼吸器をつけ、声を出すことができなくなった際、闘病生活を支える妻に、筆談で、「愛」と記していた。
篠沢教授は、2017年6月に肺炎を患い入院。
自宅に戻ることができないまま、10月26日に亡くなった。
葬儀は、7日午後1時から営まれる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース