前原前民進党代表、希望の党に入党届

11/06 23:10
民進党を離党した前原前代表が、希望の党に入党届を提出した。
前原前民進党代表は「この党が、政権の中核を担うような政党になるように、努力していきたい」と述べた。
前原氏は6日、希望の党の樽床代表代行に入党届を提出した。
樽床氏は「今回のいろんな政治を動かした立役者であることを、しっかり受け止める」と述べ、手続きが整い次第、入党を認める考えを示した。
10日に実施される共同代表選挙について、前原氏は「誰がなっても、みんなで支え合い、この塊がさらに発展し、国民の期待を受けられるよう、わたしもその一員として頑張りたい」と述べた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース