年内に自民党の改憲案策定へ

11/07 22:55
自民党の萩生田幹事長代行は、7日の記者会見で、先の総選挙の公約に盛り込んだ憲法改正について、年内に党の改憲案の取りまとめを目指す考えを、あらためて示した。
萩生田氏は、「スケジュールありきではないが、しかし、年内におおむね、党として、選挙公約にもしました4項目について、きちんと深堀をしていこうと。そして、来年の通常国会に準備を整えていこうと」と述べたうえで、「スケジュール感は、役員の間で共有している」として、年内に党の改憲案の策定を行い、2018年の通常国会で、各党に提示したいとの考えを、あらためて示した。
また、このあとに行われた総務会では、憲法改正案の取りまとめにあたる、憲法改正推進本部長に、細田博之前総務会長を充てることが正式に報告された。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース