金密輸対策で入国ゲートに探知機

11/08 01:01
金の密輸阻止へ、本腰を入れた。
海外から金を密輸し、不正に利益を得る事件が急増していることから、政府が対策強化を発表した。
具体的には、金の密輸に対し、1,000万円を超える罰金を科せるよう、検討を進めるほか、入国ゲートにも金属探知機を設置するなど、対策を強化する方針。
財務省によると、海外から金を持ち込む際、払うべき消費税を支払わず、密輸したうえで、消費税分を上乗せした金額で国内で売りさばき、不正に利益を得る事件が急増しているという。
消費税が8%になった2014年以降急増、2016年度には、脱税額は、8億7,000万円にのぼっている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース