日産 「無資格検査」で400億円下方修正

11/08 19:57
日産が「無資格検査」の影響で、400億円の下方修正。
日産自動車の西川広人社長は「今後の取り組みを通じて、皆さまからの信頼を再度、取り戻していけるように全力を挙げる。誠に申し訳ありません」と述べた。
日産自動車は、2018年3月期の業績予想を発表し、無資格検査問題の影響で、販売台数の減少が見込まれることなどから、本業のもうけを示す営業利益を400億円下方修正した。
また日産は、無資格検査の原因究明などを盛り込んだ最終報告書を、8日までに国土交通省に提出する予定だったが、2度のリコールへの対応などから、来週にずれ込むという。
一方、京都にあるグループ会社の工場が8日から出荷を再開し、これで、国内全6工場で再出荷が完了したことになる。
また、日産は会見で、無資格検査が発覚して以降、数百台単位で購入のキャンセルがあったことも明らかにした。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース