「負担企業納得できる調整したい」

11/08 21:13
負担する企業が納得できるよう「調整したい」と述べた。
経団連の榊原会長は「拠出金を負担する企業が納得できる、従業員に資する内容になるよう政府と調整したい」と述べた。
経団連の榊原会長は、定例会見で、安倍首相が「人づくり改革」に向けて、教育無償化などの財源2兆円のうち、3,000億円の負担を経済界に要請したことについて、「3,000億円ありきではないが、真摯(しんし)に受け止めないといけない」と述べた。
日商の三村会頭が求めた中小企業への配慮を含めて、議論する考えを示した一方、高等教育無償化への拠出は「想定していない」という。
また、経団連は、会員企業の指針となる「企業行動憲章」を7年ぶりに改定し、「技術革新で持続可能な経済成長と社会問題の解決を図る」ことなどを盛り込んだ。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース