NHK記者の過労死 母親が講演で心境

11/08 22:40
過労死したNHK女性記者の母親が、その胸中を明かした。
8日、過労死について理解を深めるシンポジウムが開かれ、2013年に過労死したNHKの記者、佐戸未和さんの母親が、今の心境を語った。
過労死した佐戸未和さんの母・佐戸 恵美子さんは、「毎日毎日、娘の遺骨を抱きながら、娘のあとを追って死ぬことばかり考えていました。どうして、こんなに長時間労働が職場で放置されていたんでしょうか。失わずに済んだ命でした。わたしたちと同じ苦しみを背負う人が、今後、二度と現れないことを、切に願っております」と語った。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース