自民 来週憲法論議再開へ

11/08 23:03
自民党憲法改正推進本部の細田本部長は8日、憲法改正案策定に向けて、来週、党内の憲法論議を再開する考えを示した。
細田氏は、「国民全体・国家全体の問題なのだから、自民党主導型でどうこう、ということではないので、いろんな協議を重ねていかないといけない」と述べたうえで、党の憲法改正案の策定に向け、参議院選挙の合区解消をテーマに、議論を再開する考えを示した。
また、細田氏は、先の衆議院選挙を前に、国会議員を引退した高村副総裁と保岡前憲法改正推進本部長を、推進本部の特別顧問に起用する考えを表明した。
憲法改正をめぐっては、7日、萩生田幹事長代行が年内に自民党の改憲案を取りまとめ、年明けの通常国会で提出する考えをあらためて示しており、自民党は、党内の議論を加速させる方針。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース