「人生100年時代」具体化へ議論

11/09 13:16
安倍政権の目玉政策の具体化に向け、自民党が本格的な議論をスタートさせた。
岸田政調会長は、「政府において議論を進めるというのであれば、本家本元である自民党の中にしっかりと議論の場を設けていかなければならない。党としての考え方、提案をしっかりとまとめたい」と述べた。
自民党は8日、「人生100年時代戦略本部」の初会合を開き、安倍政権が目玉政策として掲げる「人づくり革命」の実現に向け、教育無償化や待機児童対策について議論を進める。
幼児教育・保育の無償化については、認可外保育施設も対象に含め、幅広く支援を行う方向で議論することを確認した。
政府が12月上旬に打ち出す方針の政策パッケージに反映させるため、11月中に提言をまとめたいとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース