真木 よう子さん(35) 体調不良で降板

11/10 18:47
女優の真木 よう子さん(35)が、体調不良のため、出演する予定だった映画を降板することが発表された。
2016年12月の映画の完成会見では、風邪をひいても出席するなど、女優魂を見せていた真木 よう子さん。
その真木さんが、10月に撮影をスタートしたばかりの篠原涼子さん(44)主演の映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」を降板することを、映画会社が発表した。
映画会社の東宝は、「芹香役で出演を予定していた真木 よう子さんですが、体調不良により、やむを得ず降板することになりました」と発表した。
東宝によると、真木さんの出演シーンの撮影はまだ始まっていなかったといい、代役は女優の板谷由夏さん(42)が務め、すでに撮影は始まっているという。
真木さんの所属事務所も「現状の体調、コンディションでは、長期にわたる撮影が難しく、また、映画制作側へのご迷惑をかけかねない状況を考慮して、やむを得ず降板させていただくことになりました」とコメントを発表した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース