セブン-イレブン・ジャパン 売上高5年3カ月ぶりマイナス

11/10 21:36
5年3カ月ぶりのマイナスとなった。
コンビニエンスストア最大手の、セブン-イレブン・ジャパンが発表した、10月の既存店売上高は、前の年の同じ月に比べ、0.5%減った。
マイナスは、2012年7月以来、5年3カ月ぶり。
客単価は、4.2%増えたものの、台風など天候不順の影響で、客数が4.5%減っている。
一方、店舗数は、1万9,887店に増加し、チェーン全店の売上高は、2.5%増えた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース