イラン地震 死者450人超

11/14 13:13
イランとイラクの国境付近で12日に起きた地震は、死者の数が450人を超えた。
現地メディアによると、イラクとの国境に近いイラン西部の町で起きたマグニチュード7.3の地震で、これまでに、イランとイラクで少なくとも456人が死亡し、7,500人以上がけがをしている。
現地では、崩れた建物の下に、今も多くの人々が生き埋めになったままだとみられているが、大規模な停電や道路の崩壊で、救助活動が難航し、被害がさらに拡大するおそれがある。
この事態を受け、隣国のトルコは、イラクにテントや毛布の救援物資を輸送したほか、医師や救助隊員を派遣した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース