米空母3隻参加の演習を批判 北朝鮮国連大使

11/14 20:46
朝鮮半島周辺でのアメリカと韓国の軍事演習を受け、北朝鮮の国連大使が、「核戦争がいつ起きるか予想できない、最悪の状況だ」と威嚇した。
北朝鮮の国連代表部は13日、慈成男(チャ・ソンナム)国連大使の名前で、グテーレス事務総長宛てに書簡を送り、朝鮮半島周辺で行われた、アメリカの空母3隻による軍事演習について、「大規模な核戦争の演習と脅しは、われわれのとってきた選択が正しく、その道を最後まで突き進むべきだと結論づける」と主張している。
そのうえで、「核戦争がいつ起きるか予想できない、最悪の状況だ」と威嚇した。
さらに、非難の矛先は、国連の安全保障理事会にも向き、「アメリカによる核戦争の演習を無視している」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース