6日のニューヨーク株 ダウ平均が続落

12/07 09:16
6日のニューヨーク株式市場は、ダウ平均が続落した。
6日は、原油価格がおよそ3週間ぶりの安値となったことを受け、エクソンモービルなど、石油関連株が売られた。
また、ゴールドマン・サックスなどの金融株も値を下げたほか、医薬品メーカーのメルクや、住宅用品販売のホーム・デポも安値で推移した。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より、39ドル73セント安い、2万4,140ドル91セントで取引を終えた。
一方、ナスダック総合指数は、6,776.38と、4営業日ぶりに上昇した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース