JR東海 新幹線内の防犯カメラ設置完了へ

12/07 09:42
新幹線車内での犯罪抑止などを目的に防犯カメラの増設を進めていたJR東海は、6日、設置工事が来週にも完了すると発表した。
JR東海は、2015年6月、東京発新大阪行きのJR東海道新幹線の車内で、放火・焼身自殺事件が起きたことを受け、防犯カメラの増設工事の前倒しを計画していた。
JR東海によると、死角がないよう、客室やデッキ通路部分などに増設し、1編成につき105台設置しているとのことで、来週にも、JR東海が所有する新幹線のおよそ9割を占める118編成に、設置工事が完了するという。
JR東海は、乗客のプライバシーについて「録画した映像は、使用目的や扱う社員を限定し、厳重に管理する」としている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース