高田純次、「テキトー節」で全快アピール

12/07 18:49
芸能界一のテキトー男・高田純次さん(70)が、7日、マクドナルドの新商品、「超グラコロ・熟グラコロビーフシチュー」発表会に登場した。
ビーフシチュー味のハンバーガーを試食したが、早くも高田節が全開。
高田さんは「ソースはもう、ソースそのものじゃない?」、「一口食べて、カレーじゃないなっていうのが、すぐわかりますね」などと話した。
そんな高田さんだが、テキトーでは済まされない事態が起きていたことを明かした。
2017年の初め、茨城・大洗町での取材中に、体に異変があったという。
高田さんは、「ことしの1月6日に、脱腸の手術もしちゃいました。散歩してると、意外と腹筋が強くなっちゃう。下(下半身)を鍛えてないから、腸が緩んできて、ロケ中に倒れちゃったんです」と語った。
現在、街を散歩する番組を務めている高田さんは、鼠径(そけい)ヘルニアを患い、緊急手術。
1週間ほど入院していたというが、今はすっかり回復し、全快をアピールした。
高田さんは「今だったら、100メートル9秒くらいで走れそう」、「(高田さんの本業は何ですか?)弁護士です」などと、笑いながら話した。
1月の誕生日で71歳を迎える高田さんに、2018年の抱負を聞いてみると、高田さんは、「来年は...ただ生きる、これだけですね」と語った。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース