働き方に「ドローン」が一役?

12/07 20:01
「ドローン」が残業を監視する。
ドローンが飛んでいるのは、屋外ではなくオフィスの中。
深夜帯の残業の監視や警備をしてくれる。
NTT東日本など3社が、7日にお披露目したのは、オフィス内での残業を監視する屋内型ドローン。
決められた時間になると、ドローンが「蛍の光」を流しながらオフィス内を巡回し、残業している社員の退社を促す。
ドローンにはカメラが搭載され、残業状況を映像や画像で確認することができる。
また、自動飛行のため、夜間のオフィス内の巡回など、警備の面でも活用できる。
このドローンのサービスは、2018年4月から始まる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース