7日のNY株式市場 3日ぶり反発、70ドル高

12/08 09:06
7日のニューヨーク株式市場は、3日ぶりに反発して取引を終えた。
7日は、先行したアジアやヨーロッパの主な株式相場が上昇し、買い安心感が広がった。
また、電気大手ゼネラル・エレクトリックが、電力事業の人員を大幅に削減すると発表し、大幅に上昇した。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値に比べて、70ドル57セント高い、2万4,211ドル48セントで取引を終えた。
また、ハイテク株中心のナスダック総合指数は、36.46ポイント上げて、6,812.84だった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース