民進 統一会派、希望との結成優先も

12/18 22:16
民進党が検討している、立憲民主党と希望の党との統一会派の結成について、民進党の増子幹事長は、立憲民主党が応じない場合は、希望の党との会派結成を優先する可能性を示唆した。
民進党の増子幹事長は「もし、一方がやらないということがあれば、その時点で、他方が統一会派を組んでもいいということになれば、当然そちらを優先する可能性もあると思う」と述べ、立憲民主党が統一会派の提案に応じない場合、希望の党との会派結成を優先する可能性を示唆した。
一方、立憲民主党の枝野代表は、統一会派の結成に否定的な考えをあらためて示した。
立憲民主党の枝野代表は「党が1つになるとか、あるいは国会内の会派を1つにするためには、かなり包括的に共通していないと、不可能だと思っている。それこそ、野合そのものだ」と述べた。
民進党執行部は、20日の両院議員懇談会で了承を得たうえで、立憲・希望両党に対し、統一会派の結成を速やかに申し入れることにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース