注目の臨時理事会 どうなる? 処分の行方

12/20 11:53
元横綱・日馬富士の暴行事件を受け、日本相撲協会の諮問機関、横綱審議委員会の臨時会合が行われている。午後には、協会の臨時理事会で処分が決まる見通し。
午後の臨時理事会で下されるとみられる処分の見通しについて。
日馬富士本人については、すでに引退をしているものの、再発防止のために、引退勧告相当という処分が下されるとみられる。
また、暴行現場に同席した横綱・白鵬と鶴竜も、それぞれ処分される見通し。
日馬富士の師匠の伊勢ケ濱親方についても、監督責任を問われ、理事降格などの厳しい処分が予想されている。
そして、貴ノ岩に対する協会の調査を拒否していた貴乃花親方だが、検察の聴取が終わったことなどを理由に、聞き取りに応じる趣旨の文書を相撲協会に送ったことから、相撲協会は、貴乃花親方について、20日の処分を見送る見通しという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース