貴ノ岩が謝ったことで暴行が終わる

12/20 17:40
日馬富士が、暴行をやめたきっかけが、新しくわかった。
これは、貴ノ岩が暴行が行われたその場所で「申し訳ありません。これからは気をつけます」と直接謝ったことから、日馬富士も貴ノ岩をたたくことをやめたとわかった。
貴ノ岩としては、「自分では、白鵬の説教が一段落したと思いましたので、LINEの返事、電話にLINEの連絡が来た」という話があったが、「この返事をしたのであって、無礼なことをしたとは考えておらず、日馬富士が、どうしてこのような仕打ちをするのか理解ができなかった」、また、「その場にいた者が、もっと早く制止してくれればいいのに、なぜ誰も止めてくれないのかとも思っていた」と。

貴ノ岩の言葉が、今回盛り込まれた。
「説教は一段落したと考えた」
「無礼なことをしたとは考えていない」
「なぜ誰も止めてくれないのか」

そして、貴ノ岩自身が、どういった感情であるのかも、報告書にまとめられている。
貴ノ岩は、「自分に対する説教が終わったあと、白鵬や日馬富士が別の話をしていた時にLINEを自分が受信したので、返信したのにすぎずに、特に礼を失する行為をしたわけでもなく、このような暴行を受けて傷害を負わされるような理由は、全くないものと考えている。現在も考えている」という。
また、「ほかの力士や、地元高校の関係者らの前で、一方的に多数回にわたって暴行を受けたので恥ずかしかった」と述べている。
なお、日馬富士が引退したことについては「自分は、それを望んでいたわけではなかった」とも述べていると、報告書に書かれている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース