20日のNY株 ダウ平均は続落し取引終了

12/21 08:59
20日のニューヨーク株式市場、ダウ平均は続落して取引を終えた。
20日は、アメリカの税制改革法案成立への期待感から買いが進み、一時、前日の終値から100ドル近く上昇したが、その後、利益を確定させる売りが増えた。
個別銘柄では、メディア大手ウォルト・ディズニーや医薬品大手ファイザーが売られた。
結局、ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より、28ドル10セント安い、2万4,726ドル65セントで取引を終えた。
ナスダック総合指数も、6,960.96と続落した。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース