開・閉会式演出チームに山崎監督ら

12/21 10:46
個性派が顔をそろえた。
2020年東京大会の開会式・閉会式について、組織委員会は、演出の基本プランを検討するチームに、映画監督・山崎 貴さんらを起用すると発表した。
組織委員会の森 喜朗会長は「4つのセレモニーをどのようにつなげ、どのように一体化していくか、これから議論いただき、具体的なものを取りまとめていただきたいと思っています」と述べた。
組織委員会が立ち上げる式典プランニングチームのメンバーに選ばれたのは、「ALWAYS 三丁目の夕日」などで知られる映画監督・山崎 貴さん、音楽家・椎名林檎さん、狂言師・野村萬斎さんら8人。
2020年東京オリンピックの開会式からパラリンピックの閉会式まで、4つの式典全体の演出について、基本プランを2018年夏ごろをめどに取りまとめ、その後、各式典の監督が選任されるという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース