糸魚川大火から1年 被災地で再建望む事業者4割

12/22 12:28
新潟・糸魚川市で発生した糸魚川大火から、22日で1年。少しずつ復興へと歩みを進めているが、被災地での再建を望む事業者が4割にとどまるなど、課題も残されたままとなっている。
鎮火までにおよそ30時間。
住宅や店舗など147棟、およそ4万平方メートルを焼いた糸魚川大火から、22日で1年。
糸魚川市では、「復興まちづくり計画」を基に、火災に強い街づくりに向け、道路の拡張工事などが行われているほか、街のにぎわいを取り戻そうと、11月には「にぎわい創出ひろば」も整備された。
また、義援金など、糸魚川市には全国から14億円を超える善意も寄せられている。
しかし、被災地での再建を望む事業者が4割ほどにとどまるなど、復興には大きな課題も残されている。 (新潟総合テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース