ロッテグループ会長に有罪判決

12/22 19:41
韓国ロッテグループ会長に有罪判決。
韓国ロッテグループ会長の重光昭夫被告は、父で創業者の武雄被告らと共謀し、勤務実態のない親族らに、グループから日本円にして、およそ52億円を給与として支払うなどした、横領の罪などに問われていた。
22日の判決で、ソウル中央地裁は「横領などの罪のうち、一部だけが有罪と判断できる」として、懲役1年8カ月、執行猶予2年の判決を言い渡した。
また、父の武雄被告には懲役4年の実刑判決、兄の宏之被告には無罪判決を、それぞれ言い渡した。
判決を受け、ロッテグループは「裁判所の判断を尊重します」とコメントしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース