五輪経費試算 350億円のコストカット正式発表

12/22 21:22
350億円のコストカットを正式発表した。
東京都と組織委員会は、2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会経費が、1兆3,500億円になるとの試算を公表した。
内訳は、仮設会場の整備費が3,150億円、警備費が1,000億円などとなっており、東京都と組織委員会が6,000億円ずつ、国は1,500億円を負担する。
1兆3,850億円とした2017年5月の試算からは、観客の公共交通の無料化を断念するなどして、輸送費を300億円削減したほか、東京都以外の会場の警備費などを大会経費から外し、増減分をまとめると、350億円の削減となった。
一方、IOC(国際オリンピック委員会)は、1,100億円余りの削減が可能との認識を示しており、都と組織委員会は、さらなるコスト縮減に努めたいとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース