南北線で架線トラブル 運転見合わせ

12/23 12:17
東京メトロ南北線で23日朝、架線トラブルがあり、南北線は、6時間近く運転を見合わせている。
午前6時すぎ、麻布十番駅から六本木一丁目駅の間で、架線トラブルが起きた。
このため、南北線の一部区間は、6時間近く運転を見合わせているが、まもなく運転を再開する見通し。
垂れ下がった架線の部品が、電車のパンタグラフに接触したとみられ、東京メトロは原因を調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース