「北」木造船漂着 処分費用を全額国費で負担

12/23 15:24
全額国費負担を決定した。
日本海沿岸に北朝鮮籍とみられる木造船が相次いで漂着している問題で、政府は、処分費用を全額、国費で負担することを決めた。
海岸などに漂着したものは、所有者がわからない場合、自治体が処分することになっている。
木造船の処分には、数十万円から百数十万円かかり、国の補助制度を使っても、費用の2%から6%を自治体が負担しているが、2017年に入って漂着が相次ぎ、自治体の負担が増えていた。
対象は、22日以降に処分する船で、中川環境相は「処理が迅速、円滑に進むようにしたい」と話している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース