過労自殺から2年 高橋 まつりさん母が手記

12/25 13:13
電通の新入社員だった高橋 まつりさんが長時間労働の末に自殺してから、25日で2年を迎えた。

「娘の『まつり』がいない、2度目のクリスマスです」

母親の幸美さんは、公表した手記の中で、電通の体質をあらためて批判し、「会社も社員も非常識な文化や成功体験を捨て、改革への意識を共有して、本気で実行に向かわなければ、また不幸な出来事を繰り返すことになる」と記している。
さらに幸美さんは、「私たちのような不幸な親子を増やさないために経営者や従業員、全ての人の意識を変えて、日本の社会全体で働く人の命と健康を守って欲しいと思います」と訴えた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNスピーク
みんなのニュース